これから起業をしたい方、起業が進まない方。 すべては「バイオリズム」を整えれば成功します!

プロフィール

こんにちは。

野田深雪

心とリズムを整えながら起業を成功に導く
メンタリズム・起業コーチの野田深雪です。

今でこそ私は、パソコン、zoomを使い、
マーケティングのしくみ作りを学び、
実践できるようになり

看護師をしていた頃の
お給料以上をいただけるように
なりました。

それまでは
看護師・助産師の免許があったので
仕事がない、ということは
ありませんでしたが、

年齢を重ねていくにつれ、

このまま働いても、
給料は上がる見込みがない、
夜勤するのも限界が…と

働きながらも、いろいろな不安が
出てきていました。

【私が起業を決めた理由】

私は看護師・助産師の
国家免許を持っています。

なぜこの職種を選んだかというと
高校生のとき、将来を考えていた時に

看護師の叔母がおもしろおかしく、
仕事の話をしてくれたので
(関西の人間なので…)

看護師という職業に興味を持ったからです。

また小さい頃から母に
「手に職をつけなさい」
といつも言われており
(これは母による刷り込みでした・笑)

それも後押しになりましたね。

看護学校に入学し、
実習をしていく中で

妊娠、出産、育児、性……
女性の一生を支え、見守る専門職である
助産師という職種を知り、

助産師になりたいと思い
看護学校を卒業して
すぐ助産師学校へ進学しました。

結婚するまでは
助産師として働き、

子どもが小さい頃は
子育てに影響しないように
バイトや非常勤の形で
助産師や看護師の仕事をしていました。

下の子どもが中学になった時に
学費を稼ぐために頑張って働こう!と考え、

正職員となる試験を大卒の人たちに
混じって受験。

試験監と年齢がほぼ変わらないと言う
経験もしました。

配属病棟は呼吸器外科。
患者さんからすると
ベテランナースでしょうが
中身は新人看護師。

わからないことが多すぎて、
呼吸器の勉強も1から始めました。

でも、呼吸器の外科看護、
抗がん剤や人工呼吸器の看護など

学ぶことはとても楽しかったし、
これからの人生に役に立つことも多くて
この選択はとても良かったと思います。

一番大変だったことは
44歳で19年ぶりに
夜勤を再開したことです。

これも、子どもたちのため!
だからできたんだと思いますが

この時の私は
自分の幸せというより、
子どものため、
人のために頑張って仕事をするんだ!

そんな人生を送っていました。

しかし、慣れない3交代勤務。

若い頃、夜勤前は眠らなくても
一晩中、仕事はできていましたが

もう人生後半に入ろうかという
40代半ばですからね…
夜勤前に眠らないと
体がもたないんです。

夜勤前は半強制的に
眠りにつきたかったので、

この頃から眠剤内服を開始しました。

眠れるようになるから良いやと
安易に内服していましたが、
(この安易な内服はいけません!)

そのうち
飲まないと眠れないようになり、

これをいつまで続けるのか?という不安と、

睡眠薬を飲んでいたことで
とんでもない行動をしたことがあり
(本人は覚えていないのですよ)

睡眠薬の副作用が
とても怖くなってきました。

普通に生活できれば
睡眠薬は必要ないからですね!

これは早く働き方を変えないと
と思うようになりました。

看護師・助産師は
患者さんから必要とされており、
とてもやりがいのある仕事です。

人のためになる仕事をしたい、
人の役にたちたいと思い
志を持って働いていましたが

実際は業務をこなすことで精一杯だったり、
病棟業務以外の仕事も
たくさんあったりと

日々、ストレスを抱えることも
多くなってきました。

看護師が嫌というわけではなく
看護職としての働き方に対し、
疑問を持つようになったのです。

60歳定年まで夜勤をするのか?
しないと給料は下がる、

しかし50歳過ぎてから
給料はほとんど上がらない、

体を壊してまで
この仕事を続けていくのか?
と自問自答してきました。

そんなとき、
看護師の友達から、
助産師として、
独立開業しませんか?という話をもらい、

いろいろ考えた末、
子どもたちの大学卒業を機に
病院での仕事を辞めることを決意しました。

【思うようにいかなかった共同助産院】

最初の起業は
「産後ケア事業」といって

産後、実家に帰れないママや
育児疲れのママをサポートするという
お仕事をしていきました。

この時
助産院開業をしましたが、
ある会社の社長さんと
共同で経営する形を取りました。

初めての病院以外での仕事、
そして初めての管理職。

今までは患者さんが入院するのを
病棟で待っていればいいので

集客は考えたこはありませんでした。

開業したら、勝手にお母さんが
たくさんきてくれるものだ!
と思い込んでいました。

考えるだけで楽しくて、

たくさんの笑顔のママと可愛い赤ちゃんが
ずーっと頭の中に出てきていました。

そのそばで、私が笑っている
という、妄想でしたが…

現実は

開業したにもかかわらず、
問い合わせの電話が
全く鳴らない。

誰一人、尋ねてきてもくれない。

『いや、開業したばかりだから…
こんな素敵な場所はないのに!
きっとそのうち見つけて
来てくれるんだろうなあ…』と

ただただ妄想の世界に
浸っていました。

それから1週間経ち、
2週間経ち、
1ヶ月が経ったところで

これはおかしい?と
ようやく現実に気づくのです。

新たな仕事は集客からしないと
お客様がきてくれないんだ!

とわかったのです。

今まで当たり前のように
お客様(患者さん)が来られていたので
どういう風に集客したら良いのか?
全くわからず

本当に悩みました。

スタッフと一緒に、
HPを出せばきてくれるんじゃないか?
インスタ?チラシ?といろいろ考え、

とにかくやってみよう!と

駅前でのチラシ配り、
地域を決めてポスティング

慣れない営業活動も行い、
電話でアポ取り、その後
チラシを置かせてもらうようにしていったり

自分たちで考えられることを
全てやってみました。

しかし

軌道に乗るまでの集客は
できませんでした。

ありがたいことに
数人のお母さんが
来てくださいましたが

赤字続きだったため、
もう事業の継続は難しいと考え、
社長さんと話し合った結果、

1年3ヶ月で閉院することを
決めました。

【師との出会い】

産後ケアの仕事をしている途中、
ある起業家の方と出会い、

個人マーケティングについて
学んでいました。

2回目の事業は
一人でやっていこう!
と頑張ることにしました。

以前からノウハウは
教えてもらっているし、
自分がやるべきことは
理解できている!

あとは言われた通りにやるのみ!と
頑張っていたのですが

でもやらなきゃと思えば思うほど
苦痛になり先に進めなくなるのです。

どうしても他の起業家がすごく
見えてしまい、

学んでいるけど、
もっと学ばないと
いけないのではないか?

など、

何かわからない不安が
押し寄せてきて
前に進むのが辛く
なりました。

起業はマインドセットが9割と言われますが

これが全くできていなかったんです!

長年、大きい病院で働いてきて
世間にもまれることを
知らなかったし

仕事は与えられることを
こなしていけば
給料をもらえる、

いわゆる、サラリーマン脳でした。

【キラキラ女性起業塾へ】

この時の私は
一人の師匠に学んでいるのが不安で

ノウハウは教えてもらうけど
そのノウハウを
形(資料)としてもらえないことも
とても不満で…

他の起業家を探してみたり
いろんな人のメルマガを読んで
自分の不安を払拭しようと
必死でした。

そんな中、

とあるキラキラした女性起業塾に
魅力を感じてしまい

そこで稼いでいた
年収3,000万という元看護師が
気になって仕方なくて

気付いたら、その人に連絡を取り
師匠に内緒で彼女のチームに
入って勉強を始めていました。

何が満足したかって
教えてくれる資料が豊富なこと、
同じ悩みを持つ仲間が
たくさんいる!ということでした。

学ぶことで不安がなくなるのなら!と
この時は思い切った出費もしました。

この時の師匠が関東だったこともあり、
何度、関東に通ったことか!
(飛行機に乗ったのも久しぶりでした)

今まで、チームで勉強することが
なかったので
最初は新鮮で、とても楽しいし、
いろいろな勉強ができるな、
やっぱりすごいな、と思っていました。

しかし、勉強していく中で
チームのメンバーがどんどん
辞めていくこと、

それぞれが個人起業家なので
個人で頑張りなさい!という割には
上の了解を待たずに仕事をしていくと
叱られること…

上からのOKをもらわないと
先に進めないので
待つことが多くなっている事…

資料を提出すれば書き直し
また提出すれば書き直しで、
その状態が1ヶ月以上続く!

脳みそぐちゃぐちゃ状態!

仕事でワクワクすることはなく
毎日、苦痛しかありませんでした。

数ヶ月頑経った時、
ようやく我に帰ることができ

これはおかしい?
何か違っている!

と気づきました。

起業は「自分軸を持つ」ことが大切!
っていうけど、
本当に私は自分軸を持っているのか?

自問自答したとき

上の人の答えを待っていいる自分は
やっぱりおかしいと思いました。

いわゆる
「指示待ち症候群」に
なってしまっていたのです!

【思考のクセは過去の経験?】

なんでこうなっているんだろう?

そんな時、たまたま
「親からの影響が今の自分の思考の癖を
作っている」という言葉に出会い、

自分の過去を見つめ直すワークを
行いました。

過去の出来事や親との関係を書き出し、
その時の自分の思いを
「見える化」し、

とにかく書き出すことを
していきました。

そうすることにより

なぜ新しいことに不安を感じるのか、
人の意見を聞かないと安心できないのか、
人のために動くことが多いのか、

今までブロックをかけていた原因が
過去にあることに気づけたのです。

私のブロックはたくさんありましたが
一番根っこが深かったのは

小さい頃、いいことをすると褒めてもらえる
いい点数をとると認められる、という

親からの刷り込みがあったため

「私は他人から秀でていないと
価値を認められない」

というマインドブロックでした。

そのことが潜在意識に
すり込まれていたため

いろんなことを学ぶことで
自分の価値を出そうと
必死でした。

そうか、そんな自分がいたんだと
府に落ちました。

【過去からの旅立ち】

起業していろいろな失敗、
苦しい思いをして
思うこと…

それは
「すべての出来事には意味がある」
ということです。

看護師をしていなければ、

1度目の開業で失敗していなければ

師匠の元を逃げださなければ

きっと私は自分のたくさんの
マインドブロックに
気づくことはできなかったでしょう!

過去を見直し、
過去の自分と向き合うことで
過去の出来事を受け入れ

今に感謝できるかどうかが
大切だと思うのです!

【私にできること】

起業していらっしゃる方の中にも
私と同じような方が
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

・自分に自信がない
・今一歩進むことができない
・人の評価が気になる
・言い訳ばかりしてしまう
・お金がない
・つい相手に合わせてしまう
など、

マインドブロックを細かく出せば
何百種類と出てきますが

それも根本は同じところに
あります。

起業家に不必要なマインドブロックは
早く取り除いていった方がいですし、

そうすることにより

その方が早く行動できて
早く稼げるようになり
早く幸せになれる!

私のように遠回りをする人が
これ以上増えませんように!

と強く願うようになりました。

そのために私は
師匠からマーケティングを学ぶだけではなく

さらに、クライアントさんの
メンタルケアも行っていきたいと考え、

潜在意識や毒親問題、
ISD個性心理学を学び、

交通費などの経費を入れると
総額300万を超える投資を行いました。

そして起業で稼ぐノウハウだけではなく
その方のメンタルを整え
バイオリズムを見ながら
コーチングしていくという

オリジナルメソッド
「メンタリズム起業コーチング」

を日本全国に展開していくことを
決意しました。

女性起業塾では
「お金払ってもしない人はしない、
そういう人にはマーケティングを
こちらから教える必要もない!」

といった考えを
教え込まれましたが

私はそうは思いません!

頑張りたい!と覚悟を持って
来てくれた方には
今まで私が学んできたことを
しっかりとお伝えし、

私のコーチングで

その方が自分の進むべき方向に
進んでいけるように
1人1人、しっかりサポートしていきたい!
と考えています!

クライアントさんも
覚悟を決めてきてくれる

ならば、私も覚悟を持って
責任を背負います!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

NO IMAGE

「メンタリズム起業コーチング」

心のブレーキが原因で行動できない 自信が持てないので成果につながらない
そんなあなたの心とバイオリズムを整え起業を成功させる
「メンタリズム起業コーチング」

CTR IMG